05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

タイワンフウ 

 

タイワンフウ
(撮影:2013.12.14)

隣の団地の敷地内にあるタイワンフウの並木がとても綺麗だったので、通りがかりに撮ってみました。

紅葉の終わりまでもうしばらく楽しめそうです。

**********

この頃全然更新していないホームページを何とかしようと思っています。

でもしばらく見ていないと、どうしてそのコードを書いたのか・・?意味があって書いたはずなのにすっかり忘れてしまっています。

ホームページを作ったときの参考書を、もう一度見なおさなくてはなりません。時間がかかりそうです〜。


関連記事
tb: 0  -  cm: 4
go page top

 

コメント

 

フウの木は本当に美しい!
同じ位の高さの同じように並んだ木なのに色の変わり方が違うのも面白いですね。それにしても、この団地群の植栽は季節ごとの木々の色合いの変化や花や実の様子、背の高い木や低い木などの配置とか、見事です。この辺り一帯が、個性的で落ち着いた雰囲気になっていて、通りがかる人の心も和みます。
個人の家ではタイワンフウやユリノキは大き過ぎて植えられません。
団地だからできる植栽です。
あちこちの民間のマンションもこの植栽を見習ってくれたら、町全体が緑に包まれてうんといい感じになるのになー。

URL | マリヤンカ #-

2013/12/17 09:23 * edit *

マリヤンカさん、こんばんは。

タイワンフウやユリノキは、見上げると気持ちがよいものですね。
私もとても好きです。特にタイワンフウは木によって紅葉の色に違いがあるのがよいですね。

約30年前団地ができるときに考えられた植栽の地図を見せてもらったことがあります。
いろいろな植物が考えられて植えられたようです。
途中で枯れてしまった木もあれば、かなり大きく育ったものも・・。
メンテナンスも大変ですが(木そのものだけでなく根が張ることによる建物への影響もいろいろあって)、やはり植物ががそばにあるのは良いものですね。
小鳥も来るし、夏は木陰も作ってくれるし・・。

URL | tara葉 #52IR0TwY

2013/12/17 21:22 * edit *

植栽

30年かければ、林も森も作ろうと思えばできるのですね。
木は生き物なので、剪定や落ち葉の処理や根のことなど大変ですが、
人が暮らす環境のそういう部分に、人手やお金を使うことこそ文化なんじゃないかと思います。
背の高いビルを建てる時は必ず周りに広いスペースを作って木を植えなくてはいけない、ビルの容積に応じて林のスペースが決まっている、なんていう法律を作れば、二酸化炭素の問題も少しはましになると思うのですが・・・

URL | マリヤンカ #-

2013/12/18 00:09 * edit *

ここは工場跡地ということもあってかなり広い土地があったので、きっと植栽にも力を入れられたのでしょうね。

街中ではなかなか木を植えるための土地を確保するのは難しそう。
そんな中で屋上や壁面の緑化をしているビルはありがたいです。

団地でも、夏の暑さをしのぐために、屋上を何とかできないのかなぁなどと夏毎に思います。屋上緑化ができたら夏も少しは過ごしやすくなのでしょうが・・。

URL | tara葉 #52IR0TwY

2013/12/18 22:46 * edit *

go page top

 

コメントの投稿

 

Secret

go page top

 

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://diaryenotonari.blog135.fc2.com/tb.php/308-37097e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

プロフィール

 

 

カレンダー

 

 

最新記事

 

 

最新コメント

 

 

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

 

 

カテゴリ

 

 

ユーザータグ

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 

 

リンク

 

 

FC2カウンター

 

 

QRコード

 

 

go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。