FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

 

葉っぱの上の 

 


(撮影:2014.01.10)

昨日の朝起きて外を見るとうっすらと雪が積もっていました。積もっているというより凍ってへばりついているという感じだったかな。

日が高くなるにつれてそれも溶けてきて、葉っぱについている水滴がきらり光っていたので撮ってみました。

tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

タイワンフウ 

 

タイワンフウ
(撮影:2013.12.14)

隣の団地の敷地内にあるタイワンフウの並木がとても綺麗だったので、通りがかりに撮ってみました。

紅葉の終わりまでもうしばらく楽しめそうです。

**********

この頃全然更新していないホームページを何とかしようと思っています。

でもしばらく見ていないと、どうしてそのコードを書いたのか・・?意味があって書いたはずなのにすっかり忘れてしまっています。

ホームページを作ったときの参考書を、もう一度見なおさなくてはなりません。時間がかかりそうです〜。


tb: 0  -  cm: 4
go page top

 

ドウダンツツジ 

 

ドウダンツツジ1
ドウダンツツジ2
(撮影:2013.12.08)

高木の下の植え込みとして植えられたドウダンツツジ(たぶん)の紅葉が遠目にも鮮やかです。

紅葉は続いています・・。


tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

桜もみじ 

 

桜もみじ
(2013.11.30)

桜の紅葉も、もうそろそろ終わり。

枝に残る葉が少なくなってきました。

画像は、白川の疎水の上に枝をのばした桜もみじ。

今日は寒かったけれど、陽射しがあって気持ちの良い日でした。



tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

竹内栖鳳展 

 

タイワンフウ
(撮影:2013.11.29)

家の近くのタイワンフウです。今年は色付きがいい。同じタイワンフウでも木によって紅葉の色に違いがあるのかな。
この木は例年「紅葉」ではなく「黄葉」するようです。
日に照らされると黄色の葉の照り返しで木の周りがぱっと明るくなる感じです。

**********

今日は京都市美術館に「竹内栖鳳展」を見に行ってきました。
別室での「下絵を読み解く〜竹内栖鳳の下絵と素描」も。

大胆な筆使いも、たくさんの写生や丹念に練った構想に裏打ちされたもの・・。

展示されていた一つの大下図に大きく「あっさりと仕上げる」ということが書かれていたのも興味深かったです。
練って練って最終的にあっさりとあまり描き込まずに仕上げる・・。

ひとつの作品が仕上げられるまでに、多くの時間がかかっているとしみじみ思いました。

朝早めに行ったものの「竹内栖鳳展」のほうは、混み始めていました。
「下絵を読み解く〜竹内栖鳳の下絵と素描」は、+200円で観られるにもかかわらず、人は少なめ。おかげでゆっくり時間をかけて観ることができましたが、こちらの展示を観ないのはもったいない。なぜなの?不思議でした。


tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

プロフィール

 

 

カレンダー

 

 

最新記事

 

 

最新コメント

 

 

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

 

 

カテゴリ

 

 

ユーザータグ

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 

 

リンク

 

 

FC2カウンター

 

 

QRコード

 

 

go page top