FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

 

蚊柱 

 

昨日夕方、団地の中のあちこちで塊になって飛んでいる虫がいっぱい見られました。

側を通ると塊ごとずっとついてきて離れないこの虫、いる場所っていつも決まっているな~毎年同じ場所に発生するみたい・・などと考えながら川に行ってみると、川ではもっとすごくて中洲から吹き出すようにたくさん飛んでいました。
蚊柱1

蚊柱2

蚊柱3
(撮影:2011.05.06)

存在は知っていたけれど、名前は知らない、この虫の名前はなんでしょう?と何となく思いついた「羽虫」でネット検索すると、ユスリカ(ハエ目ユスリカ科)だとわかりました。←たぶん。

蚊と名前がつくけれど、ハエの仲間らしい、この塊を「蚊柱」と言うらしい・・。蚊柱の季語は「夏」ということも知りました。

なるほど・・写真は昨日のものですが、今日は立夏、暦の上ではもう夏なんですね。昨日夕方は西日が暑いほどでした。季節がすすんでいくのを感じます。
tb: 0  -  cm: 4
go page top

 

 

 

昨日の画像です。

川沿いの桜は、満開までまだまだという木が多かったのですが、その中で多めに咲いている木の写真を撮ってみました。
桜1

桜2

桜3

復路は対岸の方を歩いてみることにしました。
ピンクの色が濃いめの桜。もしかしたら個人宅のものかも・・。
桜4

桜5

風に吹かれて揺れていたユキヤナギ。
ユキヤナギ

最後は団地内の木瓜。先月初旬に撮っていた蕾がどうなったか気になっていました。花をいっぱいつけて鞠のようでした。
ボケ
(2011.04.06撮影)
tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

トンネルをぬけると・・ 

 

先日、Gさんご夫妻に誘っていただき電車で琵琶湖を一周してきました。

湖西線を北上し近江塩津駅から北陸本線に・・米原駅から琵琶湖線を南下。
湖西線では途中の山に雪が残っているのに感嘆し、トンネルをぬけると雪がたくさん残っている景色を目の当たりにしました。永原駅(だったと思います)のホーム屋根のないところに雪が10cm以上まだ残っているのを見ました
雪1

雪2
向こうに見えているのは余呉湖。帰宅してから地図で確認し、納得。

雪3

伊吹山
(撮影:2011.02.26)
新幹線で何度か側を通ったことはあったと思いますが、「伊吹山」として認識して見たのは初めてでした。

平日だったら通勤電車としてたくさんの人が乗り降りするのでしょうが、この日は北上するにしたがった乗客は少なくなり車窓からの撮影もできて、米原駅ではホームで駅弁を購入して車内でいただくこともできました。

琵琶湖一周にかかった時間は3時間弱。家を出てから帰宅まで4時間半ほど。あっという間の旅行でしたが、少しずつ変わっていく景色を見ながらたっぷり旅情を味わいました
私はどこに行ってもお上りさんで、見るもの聞くもの新鮮で楽しい

ちなみにかかった旅費はJR山科駅から時計の針回りに大津駅まで180円、大津駅から山科駅まで180円(←ひと駅分はきっぷっを買って乗り換えないといけないそうです。/「大都市近郊区間」というJRの制度を使っています。途中下車はできません。)往復のバス+地下鉄代が940円・・合計しても1300円のリーズナブルな旅でした。
tb: 0  -  cm: 4
go page top

 

広すぎて 

 

昨日のこと、画材を買いにで出かけて帰りは京都御苑を通り歩いて帰ることにしました。

梅が咲いていたらいいな~と思ったのですが、御苑は広いうえ下調べしていなかったので、どこに木があるのかわかりませんでした たまたま通った所に2本だけ梅の木を見たのでそれを写真に撮ってみました・・。本当はもっとたくさんあるのでしょうけどね。残念だけどまたいつか。

蕾をいっぱいつけているのは紅梅でしょうか?
これが咲いたら見事でしょうね。
梅1

手入れを施されているとわかる老梅でした。
小さめだけど白い花が!楚々とした風情がよいです。
梅2

ふかふかの落ち葉の上にビンズイがいました。何羽か一緒だったのですが、私が近づくにつれて木の枝に移りました。
ビンズイ1

ビンズイ2

メタセコイアの大きな木です。背が高いな~。
メタセコイア
(撮影:2011.02.19)

御苑の木々の中を歩いたのは気分転換になったけれど、このところの運動不足を実感する散歩となりました。ようやく家にたどり着きました。
tb: 0  -  cm: 4
go page top

 

川沿いの雪 

 

やはり雪が積もっていたので、溶け始める前にと思って歩いてみました。

いつもの桜並木も雪で白くなり、
雪1

中州の近くには薄氷が張っていました。
雪2

上の遊歩道から中州まで自分の影が長く伸びていました。これはこれは・・と一枚。
雪3

雪が降っても寒くても、ユリカモメはいつもの場所に。確か琵琶湖から毎日通ってくるのだったかな。
ユリカモメ1

ユリカモメ2

小さな足跡はワンちゃんのものでしょうね。
雪4
(撮影:2011.01.17)
tb: 0  -  cm: 2
go page top

 

プロフィール

 

 

カレンダー

 

 

最新記事

 

 

最新コメント

 

 

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

 

 

カテゴリ

 

 

ユーザータグ

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 

 

リンク

 

 

FC2カウンター

 

 

QRコード

 

 

go page top